• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

臨床腫瘍学
- Clinical Oncology

基本情報

学域名 臓器器官病態内科学講座 臨床腫瘍学
(英語表記)Clinical Oncology
代表者 顔写真
教授(兼任)

日野 雅之
- Masayuki Hino
場所 学舎 7階
連絡先 TEL:06-6645-3793
MAIL:ganpro@med.osaka-cu.ac.jp
ホームページ http://www.med.osaka-cu.ac.jp/clinical-oncology/index.shtml link
概要  当院の臨床腫瘍学講座は、2012年に文部科学省の事業である「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に基づいて作られた講座です。
 日々進歩している、がん薬物療法の新規薬剤および治療法の開発に従事することは臨床腫瘍学の重要な役割の一つです。 臨床試験への参加を積極的に行い、エビデンス創出の担い手になるよう日夜診療と研究に従事しております。 また、臨床試験を立案できる人材を作るための教育整備を目指しています。院内のキャンサーボードについては、化学療法センター を中心に実施し、肺がん、乳がん、消化器がん、原発不明がん等の対応を協議しています。 地域がん診療連携拠点病院としての役割を担い、看護師、薬剤師等との多職種に渡る 臨床試験推進の中核になるべく日々努力をしております。
 また、医学部の特性を生かしたTranslational Research にも取り組んでいます。肺がんの病態と病因の解明に分子生物学的手法を用いた研究等を行っています。

教育方針

学部教育

  • がんは我が国の2人に1人が罹患し、死因第1位の疾患であり、国民の生命及び健康にとって重大な問題となっています。臨床腫瘍学講座は、がん医療における技術や知識の習得を目標に、学部学生や大学院教育での指導をしております。学部学生の授業では、がんの基礎的生物学、病理学、疫学、がんのインフォームドコンセント、セカンドオピニオン、標準的治療について講義をしております。臓器横断的なコアカリキュラムを遂行していくため、緩和医療学の講義についても充実させています。
  • がんプロフェッショナル養成基盤推進プランの大学院生には、がん医療に携わる専門的な知識・技能を有する専門医として育成し、地域がん診療連携拠点病院として高度のがん医療を提供するだけでなく、診療支援を行う医師の派遣に積極的に取り組み、地域医療を充実させる人材に育成することを目標にしています。

臨床教育(研修医の育成)

  • 当講座には、がん薬物療法専門医をはじめ、日本内科学会、日本呼吸器学会、日本緩和医療学会などの認定医、専門医、指導医が在籍しており、認定医、専門医を目指す研修医の皆様の症例報告や学会発表を指導・支援しています。附属病院の他の関連診療科との連携体制を整えることで、一定期間、造血器腫瘍、肺がん、大腸がん、乳がん、胃がん、肝臓がんの多種多様な症例経験を積むことができるようになっています。臓器横断的にがん薬物療法を修得することを前提に、患者の社会背景にも配慮した質の高いがん医療を実践すること、診療科・職種横断的チームのなかで多職種のリーダーシップを発揮することや、がん治療に関するコンサルテーションやセカンドオピニオンに適切に対応する技術を学ぶことが出来ます。

研究指導

  • 研究を志す方は、大学院に進学して医学博士号の取得を目差していただくことが可能です。臨床試験の立案や実施について丁寧に指導します。また、当教室のみならず関連教室の教員にも協力いただいて、基礎的あるいは臨床的な研究を支援し、学会発表や論文執筆を指導いたします。
  • さらに、海外への留学を希望される場合は、カリフォルニア大学デービス校(米国、デービス)、ベスイスラエル・メディカルセンター(米国、ボストン)、カンザス大学(米国、カンザス)などの施設を紹介させていただくことも可能です。

研究について

概要

  • 当講座では、臨床研究と基礎研究を行なっています。
  • 臨床研究では、臨床試験への積極的な関わりに力を入れています。当講座が中心になり臨床試験を立案した多施設臨床試験を実施しています。現在、当講座が計画・実施している臨床試験は、下記の主な研究内容を参考にしてください。
  • また、JCOGやWJOGの中心施設として多くの試験に参加しており、治験にも力を入れています。
  • 基礎研究では、肺がんの病因と病態を解明すべく分子生物学的も行っております。カリフォルニア大学デービス校(米国、デービス)、ベスイスラエル・メディカルセンター(米国、ボストン)とも共同研究を一部実施しています。国際的な視野に立った研究を目指しています。

教室を代表する業績

EGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌に対する初回治療、2次治療としてのゲフィチニブ+ペメトレキセド併用療法の第2相臨床試験

  • EGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌に対する初回治療、2次治療としてのゲフィチニブ+ペメトレキセド併用療法の第2相臨床試験(研究事務局は吉村特任講師)をそれぞれ多施設で実施しました。EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対する治療選択のオプションを提示しました。

進行非小細胞肺癌を対象としたランダム化比較第三相試験

  • 進行非小細胞肺癌を対象としたランダム化比較第三相試験(ドセタキセルという標準治療薬と上皮成長因子受容体(EGFR)を標的とする分子標的薬のエルロチニブを2次、3次療法として使用した場合にどちらが有効で安全なのかを調べた研究)DELTA試験(主任研究者は川口准教授)を通して、EGFR遺伝子変異陰性肺がんに対するEGFR阻害剤の位置づけを明らかにしました。

喫煙者、非喫煙者の肺癌病因に関する分子疫学的研究

  • 『喫煙者、非喫煙者の肺癌病因に関する分子疫学的研究:JME試験(研究事務局は川口准教授)』は、SWOG0424(米国の多施設分子疫学研究)のコンセプトを取り入れつつ発展させた、本邦の前向き多施設共同の分子疫学研究ですが、この研究を通じて、肺がんにおいては、喫煙、受動喫煙は引き続き重要な環境因子であることを示し、さらに肥満度の影響もMutational spectrumに影響を与えることを証明しました。将来的にSWOG0424との共同解析が計画されています。

主な研究内容

現在の主な研究テーマ

  • 既治療進行非小細胞肺癌患者におけるnab-パクリタキセルの臨床第Ⅱ相試験:SNIPER試験(多施設研究)
概要 既治療非小細胞肺癌患者を対象としnab-パクリタキセルの有効性、安全性を検討する臨床第Ⅱ相試験を実施しています。nab-パクリタキセルはパクリタキセルのようにアルコール溶剤が必要でなく、点滴時間も短く、外来化学療法に適した薬剤です。既治療非小細胞肺癌患者に対するnabパクリタキセル単剤治療はまだ臨床試験データが不足しており、最適な投与スケジュールの検討がされていません。試験治療計画ですが、nab-パクリタキセル100 mg/㎡を生理食塩水50mlに溶解し1,8,15日目に30分かけて点滴静注します。これを21日毎に毒性による休薬・中止またはPDが確認されない限り継続します。現在症例を登録中です。
  • 喫煙者、非喫煙者の肺癌病因に関する分子疫学的研究
概要 肺癌死の減少には予防が重要であり、発癌メカニズムの解析が必要です。非喫煙者肺がんと喫煙者肺がんのそれぞれに違うアプローチで研究を進めています。非喫煙者肺がんについては受動喫煙にも注目し、網羅的遺伝子解析との関連を調査しています。 一方、喫煙者肺がんについては、喫煙が関与する疾患であるCOPDとの関連に注目しています。これまでに、COPD肺がん患者を対象とした解析で、NFE2L2遺伝子変異が有意に高率であることを証明しました。NFE2L2遺伝子が関与するKeap1-NRF2制御系は酸化ストレス応答に重要な役割を担う制御系ですが、NRF2活性化は,正常細胞にとってはストレスから身を守り発癌予防の方向に働きますが、癌細胞にとっては抗癌剤への耐性獲得や増殖促進に働くことが明らかとなっています。一方、COPD患者ではNRF2発現の低下が報告されています。本制御系の解析により、肺癌の発症メカニズムおよび、COPDとの関係を明らかにする研究を実施しています。
  • EGFR遺伝子変異を有する高齢者進行肺腺癌患者における初回化学療法としてのアファチニブの臨床第Ⅱ相試験 : AAAA試験(多施設研究)
概要 EGFR遺伝子変異を持つ進行肺腺癌を有する高齢者患者における初回化学療法としてのアファチニブの有効性と安全性を検討する臨床第Ⅱ相試験を実施しています。 アファチニブはErbファミリー阻害剤であり、その無増悪生存期間は前述のEGFR阻害剤よりも有効性が高い可能性が示唆されています。しかし、アファチニブの75歳以上の高齢者での有用性は示されていません。試験治療計画ですが、アファチニブは、1日1回30mgを空腹時に経口投与します。なお、患者の状態により増減しますが、1日1回40mgまで増量できます。これを毒性による休薬・中止またはPDが確認されない限り継続します。現在症例を登録中です。

臨床への取り組み

 化学療法センターを中心に活動しております。関連診療科の病棟を使って入院化学療法も実施しています。
外来化学療法は当院では、専門の医師、看護師、薬剤師、MSW、事務職などがチームで外来での抗がん剤治療にあたっています。治療レジメン(スケジュール)についてもその内容をレジメン検討委員会で十分に吟味し、承認されたもののみ行うようになっています。抗がん剤の投与・施行にあたっては電子カルテ上にレジメン一覧が掲載され、使用に際しては十分なチェック機能が働くシステムなっており、その上に、チームの医師、薬剤師、看護師などが一人の患者について電子カルテ上でさらにチェックを重ねています。
 化学療法センターは化学療法委員会を開催し、入院も含め病院全体の抗がん剤治療を安全かつ適切に行う役割を担っています。また、文部科学省の「がんプロフェッショナル養成プラン」推進の中核としてがん薬物療法専門医養成をはじめ、がん専門看護師、がん専門薬剤師の育成という教育の面でも大学病院の中で重要な役割を果たしています。さらに、化学療法において地域連携クリティカルパスにより地域の基幹病院とのがん化学療法の連携をはかっています。
( → 病院の診療科 http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/departments/48-kagaku.shtml link )

スタッフ

教授(兼任) 日野 雅之
特任教授 工藤 新三
准教授(兼任) 川口 知哉
講師 中尾 吉孝、光岡 茂樹
特任講師 吉村 成央
病院講師 鈴村 倫弘

参考写真

講座一覧

あべの医っちゃんねる