• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

HOME > 講座一覧 > 医療管理医学講座 > 総合医学教育学

総合医学教育学
- Medical Education

基本情報

学域名 医療管理医学講座  総合医学教育学
(英語表記)Medical Education
代表者 顔写真
教授

首藤 太一
- Taichi Shuto
場所 学舎9階
連絡先 TEL:06-6645-3797
MAIL:soshin@med.osaka-cu.ac.jp
ホームページ http://www.med.osaka-cu.ac.jp/ocumsoshin/index.html link
概要  本邦において総合診療は、1976年に初めて標榜されるようになった新しい診療科です。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センターは、1993年5月に新病院の開設と共に総合診療部として発足しました。
 診療部長には臨床検査医学の巽典之教授が兼任され、各内科部門より派遣された教員により、5つの診察室を使って診療が開始されました。2002年4月には麻酔・集中治療医学の浅田章教授が兼任教授として就任されるとともに、専門診療科より5人の専任教員が赴任し、総合診療科として独立しました。
さらに皮膚科、整形外科、婦人科、精神科、形成外科からの応援により、より充実した体制となりました。2003年1月には拡張工事が終了し、総合診療センターとして12診察室体制になりました。
 2004年10月に大学院医学研究科病態診断・生体機能管理医学大講座内に、卒後医学教育学が新規の講座として設置され、名実ともに他学に遜色ない講座・診療部門が完成されました。
 2005年5月より、総合診療センターのスタッフのみでプライマリ・ケア診療が行われています。またプライマリ・ケア診療を補完する目的で、女性、漢方、頭痛、禁煙の4診療部門が特殊外来として診療協力医の助けを受けながら運営されています。
 2007年3月にはシミュレーション教育の充実を目指して、平成17年度文部科学省「地域医療等社会的ニーズに対応した医療人教育支援プログラム」の助成金によるスキルスシミュレーションセンターがオープンし、シミュレーターを利用した医療教育が医学生や研修医のみならず病院職員、看護学生や看護師、医学部進学希望者、さらには一般市民にもおこなわれています。
 プライマリ・ケア教育を充実させるために、2011年4月より消化器内科病棟の3床を利用して入院診療も開始しています。医学教育は卒後に限定したものではなく、卒前・卒後・生涯教育と連続性が求められ、多職種間連携も大切です。
 2013年4月より、大学院医学研究科医療管理医学大講座内の総合医学教育学講座として新たに出発しました。

教育方針

学部教育

  • 屋根瓦式教育による「Teaching is Learning」をモットーに、医学部生、看護学部生、研修医、看護師、医師、他職種の方々への授業・教育に積極的に携わっています。具体的には、外来・病棟診療実習、英語カンファレンス、内視鏡トレーニング、採血・留置針・腰椎穿刺、気管内挿管、BLS、ER当直セミナーなど多種多様です。またプレゼンテーション力や医師としてのプロフェッショナリズムの指導もしています。

臨床教育(研修医の育成)

  • 文部科学省が推進する医学部教育のひとつに、診療参加型教育の充実が挙げられています。すなわち講義主体の従来型教育ではなく、医療現場での体験や研修をより多く経験させようとするものです。
  • われわれは臨床実習において、外来初診患者の医療面接や身体診察により診断に至る過程を体験し、全人的医療を体験してもらっています。コミュニケーション能力の向上や臨床実習前の基本的臨床技能習得のための、シミュレーション教育も提供しています。
  • 領域別専門医は「深さ」を求めますが、総合診療医は「扱う問題の広さと多様性」が特徴であり、地域を診る視点も大切です。初期臨床研修では「初診患者さんを多く診る」を基本的なコンセプトにして、カリキュラムを作成しています。入院診療にも力を注いでいますが、主体は外来研修で、大阪市大病院だけでなく地域の病院や診療所でも研修させていただいております。
  • 今までの専門医制度において、総合診療は基本領域に含まれていませんでした。専門医制度の改革により19番目の基本領域の専門医として明記されています。後期(専門医)研修では、大阪市大病院での入院・外来診療を中心にして、地域での病院や診療所(在宅診療を含む)研修もカリキュラムに取り入れています。2010年4月には大阪市立大学医学部附属病院「総合医・家庭医研修プログラム」が、日本プライマリ・ケア連合学会の後期研修プログラムに認定されました。
  • 教育・研修体制を補完するために、毎週水曜日の定期weeklyカンファレンス、初期臨床研修医が主体になった3ヵ月ごとの多施設合同カンファレンス、地域のプライマリ・ケア医が参加する大阪プライマリ・ケア研究会を開催し、早朝カンファレンスやランチョンカンファレンス、抄読会も行なっています。また結婚・出産後の職場復帰やワークライフバランスを考えた診療・研修も随時受け入れています。

研究指導

  • 喫煙が多くの疾患の危険因子であることが分かってきており、禁煙を推進する一助として、当院総合診療センターでは2011年から禁煙外来を開設しており、多くの患者様の禁煙に関わって参りました。そして、当教室では喫煙による血管機能への影響についての研究に取り組んでおります。また、喫煙が血管機能に対して悪影響を及ぼすことが分かっております。今後のさらなる取り組みを進め、血管機能改善によって患者様に還元できるような研究を進めていきます。また、医学教育に関する研究においても、懇切丁寧に研究指導を行っています。

研究について

  • 喫煙の生体に及ぼす影響
  • 喫煙・禁煙による生体反応を測定し、評価を行います。
  • スキルスシミュレーションセンター(SSC)を活用した医師キャリア形成システムの確立
  • 卒前卒後医学教育を充実させるため、SSCを利用してシミュレーション教育の必要性や有用性を検討します。
  • 卒後臨床研修におけるプライマリ・ケア教育プログラムの開発
  • プライマリ・ケアを習得するには、基本科目の習得が不可欠です。それらの習得を基盤にした総合診療の役割を明確にします。
  • 総合診療センター受診患者の臨床疫学的研究
  • 外来初診患者を解析し、とくに多臓器に及ぶ問題点を有する症例やいずれの領域にも当てはまらない境界領域の症例の疫学的研究を進めます。
  • 都市型大学病院における総合診療センターの役割
  • 大阪市内唯一の大学病院であり、卒前・卒後の臨床研修における各医療機関とのネットワーク化を図るための方略を検討します。

教室を代表する業績

  • 受賞・研究助成金
  • 循環器疾患発症リスクによる内皮機能への影響の分析(竹本恭彦 2014.10)
    喫煙による血管障害におけるニコチン依存度とトロンボスポンジンの関与と機序(竹本恭彦 2014.6)
    遺伝子多型情報に基づくワルファリンの適正投与量設定へ向けた前向き臨床試験(竹本恭彦 2014.5)
  • 欧文著書
  • Quantification of left ventricular systolic function, Case Based Echocardiography (Takemoto.Y)
  • 欧文論文
  • Resection of needle-tract implantation after percutaneous puncture for hepatocellular carcinoma. Journal of Gastroenterology (Shuto.T et al. 2004)
    Absence of Coronary Calcification With Normal Endothelial Function ? A Unique Entity for Preemptive Medical Care. Circ J (Takemoto.Y et al. 2012)
    Therapeutic effects of antidepressants and Kampo medicines on chronic pelvic pain in women. Congress Series (Morimura.M et al.2006)

主な研究内容

現在の主な研究テーマ

  • バレニクリンによる禁煙治療施行例における血管機能形態の変化
概要 【目的】
バレニクリンによる禁煙治療が血管機能や血管形態を改善させるか否かの検討を行うこと。
【対象】
バレニクリンにて20週間禁煙した患者群72例と健康成人46例の対照群を対象とした。
【方法】
禁煙前後に、身体計測、血液検査、血流依存性血管拡張反応(FMD)、ニトログリセリン誘発性血管拡張反応(NMD)、上腕動脈内膜中膜複合体厚(ba-IMT)測定を施行し、変化を測定した。
【結果】
FMDは有意な改善を認め、NMDとba-IMTには有意な変化を認めなかった。重回帰分析では、FMD変化に対し、禁煙前FMD値が独立した関連因子であり、負の相関を示した。禁煙前FMD値に対して、高血圧の罹患が独立した関連因子であった。
【結論】
FMD改善は、血管平滑筋機能や血管形態の改善ではなく、血管内皮機能の改善による可能性が示唆された。また、禁煙前FMDが低値でも禁煙によるFMD改善は起こりうること、高血圧罹患患者では禁煙治療でFMDが改善しやすい可能性が示唆された。
  • 模擬患者参加型授業が医学生のコミュニケーション能力に与える影響についての検討
概要 現在、本学医学部では、医学科2年生と4年生における医療面接の授業で模擬患者と接する機会があり、同じ担当教員により、各学年の実力に即して授業が行われております。このような背景のもと、医学生のコミュニケーション能力が効果的に向上する授業内容構築の一助とするため、医学部の授業に模擬患者が参加することの影響について省察的検討を2014年度から継続的に行っております。
本研究において、医学界で従来行われてきた量的研究の枠に捕われず、質的研究の手法を用いて模擬患者参加型授業の教育効果を検討することにより、より良い授業内容を展開し医学生のコミュニケーション能力の向上が期待できるだけでなく、本邦における授業の水準を高める一助となることも期待されます。
  • 患者統計
概要 2010年度の当総合診療センターにおける受診患者の内訳
  • 発熱を主訴とした患者の赤血球沈降速度値の意義
概要 【目的】
プライマリ・ケア診療では、発熱を主訴に外来を受診される患者は多い。炎症の指標として白血球数やCRP値が測定されることが多いが、赤血球沈降速度(以下、血沈)は日常診療で軽視される傾向がある。今回、初診患者の発熱患者で、血沈の診断上の有用性について検討した。
【方法】
初診患者のうち血沈を測定した連続59例を対象とした。対象疾患を、「疾患なし」「感染症」「膠原病」「その他」の4つに分類し、それぞれの血沈値、白血球数、CRP値について検討した。
【結果】
血沈値を低値群、やや高値群、高値群と3群に分類した。膠原病13例中12例は高値群にはいり、高値群21例中12例が膠原病であった。膠原病はやや高値群では1例認め、その血沈値は46mm/hであった。低値群には認めなかった。感染症21例中10例はやや高値群、6例が高値群であった。
【考察・結論】
血沈は著しい高値を示す場合、膠原病、感染症、腫瘍のいずれかであるが、とりわけ膠原病の頻度は高かった。膠原病の診断において高度の血沈上昇は重要な所見であった。
  • Post-CC OSCEにおける省察的検討
概要 本学では、2015年度に初めて、6年生を対象としたPost Clinical Clerkship Objective Structured Clinical Examination(以下Post-CC OSCE)を実施し、今回は実務担当者らで相談した内容で評価を行いました。Post-CC OSCEは、知識だけでなく技能や態度を評価できる試験となっており、全国的にもその重要性と必要性は更に高まっています。本学のPost-CC OSCEにおいて、今後、評価の内容や方法をより良いものにしていくため、省察的な研究を継続的に行っています。本研究により、本学だけでなく全国的にPost-CC OSCEの試験内容や評価方法の妥当性を高める一助となることが期待されます。

臨床への取り組み

総合診療センターでは、受診すべき診療科がわからない患者さんや診断がついていない患者さんに対応し、適切な専門診療を受けられるようガイド役としての役割を担っています。また不明熱や全身倦怠感などのコモンプロブレムをはじめとして、複数の愁訴を持つ患者さんの受診が多く、地域の病院や診療所の先生方と適切に協力・連携しながら診療を進めております。入院診療においては若干の制限がありますが、専門診療科が不明で入院を必要とする患者さんの治療ができるようになりました。総合診療センターは、地域と大阪市大病院の橋渡し役としての機能をもっております。
 総合診療センターでは、患者さんの病状(症状)を傾聴し、十分な身体診察や各種検査で診断をつけ、治療を行います。専門的な診療や継続的な治療が必要な場合は、院内・院外を問わず適切と思われる医療機関をご紹介いたします。
 ( → 病院の診療科http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/departments/01-sougou.shtml link )

スタッフ

教授 首藤 太一
准教授 森村 美奈、竹本 恭彦
講師 栩野 吉弘、鎌田 紀子、豊田 宏光
後期研究医 衣畑 成紀
前期研究医 福本 一夫、梅田 桜子、甲斐沼 成
大学院生 並川 浩己、幕内 安弥子
出向医局員 海野 貴史、津村 えりか、小林 正宜

参考写真

講座一覧

あべの医っちゃんねる