• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

消化器外科学
- Gastroenterological Surgery

基本情報

学域名 臓器器官病態外科学講座 消化器外科学
(英語表記)Gastroenterological Surgery
代表者 顔写真
病院教授

大杉 治司
- Harushi Osugi
場所 学舎 9階
連絡先 TEL:06-6645-3841
MAIL:①m9940141@msic.med.osaka-cu.ac.jp ②sgr-lee@med.osaka-cu.ac.jp
ホームページ http://osaka-cu-surg2.jp/ link
概要  当講座は、初代教授の白羽弥右衛門先生が1952年から主催した第二外科がその母体となっています。
 消化器外科研究班は浜中良郎先生からはじまり、1986年からは食道癌に対して大阪市立総合医療センター前副院長の東野正幸先生と当科病院教授の大杉治司先生が頚部・胸部・腹部の3領域リンパ節郭清を含む食道切除術を標準術式として導入し、1986年から2015年12月までに1308例の食道癌手術を施行しています。
 また、1995年からは食道癌に対する胸腔鏡手術をいち早く導入し、2015年12月までに日本で1,2位を争う601例の胸腔鏡下食道癌手術を施行しています。胸腔鏡手術においては、出血量の軽減、胸壁破壊の軽減と整容性、それに伴う呼吸機能低下の軽減をこれまで国内外に報告してきましたが、それら以外に鏡視下手術の利点には接近拡大視による微細解剖の把握が可能となることを報告してきており、現在まで日本、世界における胸腔鏡下食道癌手術のオピニオンリーダーとして2013年には第67回日本食道学会総会を主催しております。
 また、現在までに国内110施設、海外37施設から手術見学に来られ、国内外からの留学生も受け入れています。食道癌を中心とした消化器外科領域の臨床的研究、基礎的研究を行い、学問的に消化器外科学を情報発信し、発展させています。

教育方針

学部教育

  • 外科学、消化器外科学の基本的知識を講義において学んでいただき、臨床実習においては食道、胃、小腸、大腸などの消化管臓器における外科的疾患の特徴とその治療について論理的かつ実践的に学んでいただきます。
  • 手術という侵襲のある治療を通して、患者さんの周術期変化を医学的に観察し、考察することの重要性を学んでいただきます。

臨床教育(研修医の育成)

  • 附属病院では日本有数の食道癌手術症例数およびトップクオリティーの胸腔鏡手術を中心に、関連病院では虫垂炎、腹膜炎などの急性期疾患や胃癌、大腸癌などを中心に多種多様な外科疾患症例を経験していただき、執刀を含めた外科技術の習得を目指した指導を行っています。
  • また、日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会、日本気管食道科学会などの専門医、指導医、日本食道学会の認定医、外科専門医、日本内視鏡外科学会の技術認定医などが在籍しており、各専門医を目指す研修医および専攻医の学会発表・論文執筆などの指導・支援をしています。

研究指導

  • 研究を希望される先生は、大学院に進学して医学博士号の取得を目指していただくことも臨床業務に従事しながら医学博士号の取得を目指していただくことも可能です。
  • 外科を含めて専門医制度が2016年度から改変されますので、基本的には後期研修を終えた卒後6年目からの大学院進学となります。当教室のみならず関連教室の先生方にもご協力をいただいて、基礎的あるいは臨床的研究を支援し、学会発表や論文執筆を指導します。留学を希望される場合は、国立がん研究センター(日本)、マンチェスター大学(イギリス)、マクギール大学(カナダ)などを始めとした国内外の施設を紹介させていただきます。

研究について

概要

  • 臨床研究においては、食道癌に対する胸腔鏡手術の低侵襲性の評価、治療成績の評価、栄養を含めた周術期管理などを中心に行っております。
    基礎研究においては、これまで当大学の病理学教室や国立がん研究センターなどと連携し、実験動物での薬剤誘発癌の遺伝子異常検索、食道癌におけるepigenetic な変化であるDNA methylation発現の検索およびリンパ節転移、抗癌剤、放射線療法の効果との関連についての研究を行っています。

教室を代表する業績

1) 第67回日本食道学会総会会長

  • 第67回日本食道学会総会会長 2013年大杉治司

2) 手術見学

  • 国内110施設、海外37施設

主な研究内容

現在の主な研究テーマ

  • 食道癌に対する胸腔鏡手術の侵襲性評価
概要 食道癌患者における胸腔鏡手術例と通常開胸手術例において、出血量は胸腔鏡手術例が有意に少量となるが、手術時間に差はなく、縦隔侵襲においては同様であるので侵襲性の指標となるIL-6などのサイトカインの変動には差はなかった。今後、胸腔鏡手術+腹腔鏡手術のminimum invasive surgeryとしての侵襲性の再評価を進めている。
  • 食道癌に対する胸腔鏡手術の呼吸機能評価
概要 食道癌患者における胸腔鏡手術例と通常開胸手術例において、術前後の呼吸機能の変化を検討した結果、閉塞性障害において有意な差は見られなかったが、拘束性障害においては胸腔鏡手術例において有意に軽減された。今後、胸腔鏡手術+腹腔鏡手術のminimum invasive surgeryとしての呼吸機能の再評価を進めている。
  • 食道癌におけるDNA methylationの発現およびその意義の検索
概要 食道癌組織、食道癌患者非癌部粘膜、健常者食道粘膜においてAlu methylationの程度を検索すると、その程度は前記順に有意に低く、Alu hypomethylationが進むと癌化に向けたより深刻な状況と言える。また、PAX6とENST00000363328付近のmethylationの程度を検索すると、この2領域のmethylationの程度がリンパ節転移の有無および無再発生存率と相関を示すことが確認された。この2領域のmethylationの程度がリンパ節転移を示すマーカーとなり得る可能性が示唆された。今後の臨床応用を検討中である。

臨床への取り組み

 黎明期である1995年から食道癌に対する胸腔鏡手術を導入し、出血量の軽減、胸壁破壊の軽減と整容性、それに伴う呼吸機能低下の軽減以外に、接近拡大視による微細解剖の把握が可能となることを報告してきており、日本全体のレベルアップ、普及に貢献しています。
 食道癌に対するがんワクチン第3相試験への参加をしています。

( → 病院の診療科 http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/departments/17-kantansuigeka.shtml link

スタッフ

病院教授 大杉治司
講師 李 栄柱
病院講師 岸田 哲、藤原有史、形部 憲
研究医 橋場亮弥

講座一覧

あべの医っちゃんねる