• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

HOME > 講座一覧 > 医療管理医学講座 > 医療安全管理学

医療安全管理学
- Medical Quality and Safety Science

基本情報

学域名 医療管理医学講座  医療安全管理学
(英語表記)Medical Quality and Safety Science
代表者 顔写真
教授

仲谷 達也
- Tatsuya Nakatani
場所 学舎 12階
連絡先 TEL:06-6645-3786
MAIL:OCUqualitysafety@gmail.com
ホームページ http://ocuqualityandsafety.jimdo.com/ link
概要 医療安全管理学講座は、平成24年に設立された新しい講座です。当講座は患者安全学や医療情報学といった医療の品質管理に関する研究を行う、全国的にも数少ない講座です。医療安全管理学では、医療の質と安全を向上させるための様々な活動やプロジェクトを対象に、実践的で学際的な研究・教育を行います。研究テーマは、医療の質に関すること、患者安全に関すること、病院情報システムに関すること、医療の質・安全に関する教育、Total Quality Management/質改善、医療の品質管理などです。医療従事者はもちろんのこと心理学・社会学・人間工学等の医学以外の研究者や、法律・鉄道・航空・原子力・交通・製造業・建築・芸術等の専門家とも交流を深めます。また、医療の質・安全管理における医師のリーダーシップ育成をサポートするため、キャリアに応じて診療しながら医療の安全と質管理について実践的に学ぶ環境を整えます。医療の質と安全の向上に関する研究に従事したいと考えている医師以外の病院職員に対しても、進学・研究の門戸を開いています。

教育方針

学部教育

  • 学部では、患者安全についての基礎、実践のための知識、具体的な対策や改善の技法を身につけます。4年時までに、安全の基本となる人間の認知・行動・組織的要因などの基礎知識となる行動学(心理学)を学びます。医療以外の分野における安全管理の仕組みについても触れます。また、医療現場におけるヒューマンエラーとエラーが起こる仕組み、エラーの分析手法、システム思考について学びます。5年次以降では、臨床現場での実際の事故対応や、チームワーク、改善の手法についてより実践的に学びます。

臨床教育(研修医の育成)

  • 附属病院医療安全管理部と協力し、医療の質・安全管理の基本的な考え方や態度を、多職種に対して教育します。当院の医療安全管理部には、医師専任安全管理者1名、薬剤師専任安全管理者2名、看護師専任安全管理者2名が配置され、それぞれの職種に応じた多様なプログラム(講義、ワークショップ、e-learning等)を開発しており、全職員の教育にあたっています。医療の質向上と安全の基本となる医療の改善活動は、病院の改善活動推進委員会と共に指導を進めています。

研究指導

  • 研究を志す方は、大学院に進学していただく方法があります。医学部以外の学部卒業者には、医学部修士過程があります(医学部・医学研究科のホームページをご覧ください。)医師の場合は博士課程に進学可能です。当院あるいは所属施設の診療に携わりながら、研究できます。医療の質・安全管理分野に関する学会発表や論文執筆指導をいたします。若手医師向けには、後期研究医として、診療しながら当院の医療安全管理を実践的に学ぶ研究医の枠を設けています。病院ホームページをご覧ください。

研究について

当講座では、患者安全学や医療情報学に関する実践的研究を行っています。そのため学際的な研究を促進する必要があり、医療以外の研究者や実践家らとの交流を進めています。
研究テーマ例:患者安全教育の手法や教材開発、安全文化の調査、病院情報システムに関する研究、インシデントレポートの分析、TQMに関する研究、Art & Design in healthcareと医療の質・安全に関する研究 etc.

主な研究内容

現在の主な研究テーマ

  • 患者安全教育プログラムの開発
概要 本研究では、患者安全のための教育プログラムを、他施設・他医学部と共に開発している。患者安全では事故から学び改善する態度を、組織的に奨励すべきであることが強調されているが、そのような態度や文化を醸成するために効果的な教育は確立された方法が少ない。事故からの学びを継続的な改善活動へと発展させる「学習する組織」作りには、職員の主体性や創造性の育成も要求される。本研究では、職員が協働的に患者安全の課題に取り組み、主体的・創造的に改善を継続する態度や能力を培う学習支援の一つとして、芸術の患者安全教育への応用可能性を探索している。また、芸術的手法を応用した教育プログラムを多施設で協力して開発・実施し、協働的な学習を通じた主体性・創造性の育成が安全文化に及ぼす影響を検討している。
  • 中堅看護師に対する研修開発
概要 本研究では、病院で最大職員数を占める看護師こそが医療の質向上のコアになると考え、中堅看護師のリーダーシップ育成のため、トヨタ生産方式を応用した研修プログラムを開発している。改善活動を品質管理・経営の柱とするトヨタ生産方式では、学習する組織は、反省(reflection)と改善(活動)を通じて形成されるという。医療現場における改善活動は、現場の職員達が自らの実践を振り返って課題を見つけ、協働的に創造性を発揮して、新しい技術や知の体系を継続的に生み出しながら、医療の質を高める活動である。これらの知見から、改善の指導は、安全文化を醸成する学習する組織を生みだし、文化を継承する教育として有用であると考えられる。当院では、この改善活動の教育面への効果に着目し、看護部と共に2013年度よりクリニカル・ラダーⅢ,Ⅳ看護師向けに改善活動に関する研修を開始し、状況的学習論の立場から、より効果的な手法を開発中である。
  • 医療の質・安全に資する病院環境に関する研究
概要 本研究では、医療の質のコアバリューとされる安全を担保するために、環境面・施設面からのアプローチを検討する。安全な職場づくりの基本として、5s(整理・整頓・清掃・清潔・躾)活動が知られている。5s活動の推進には、物流や在庫管理にも目を向けるため、病院全体としてLean Medicineの思想が不可欠である。現在、当院では、医療安全管理部5S部会の活動を軸に、施設課・看護部など病院各部署が協力して5s活動を実施している。この協働的実践としての5s活動を推進・継続するための手法は、当院だけではなく、他の病院施設にも応用できるものである。5sでは、空間、動線、モノの出納に関して、様々な”デザイン”力が求められる。そこで、デザインや経営、質管理の専門家とも協働し、Lean medicineのためのアクション・アクションリサーチを行う。
  • ICTを活用した医療、保健、介護に寄与するシステム開発
概要 医療において、効率、安全、質の向上に急速にICTが活用されている。電子カルテシステム、オーダエントリシステム、PACSなどは病院医療では不可欠のツールとなっている。私たちは電子カルテシステムなどの開発だけでなく、転倒転落防止のための離床監視装置やビデオ装置を使用した医療環境におけるスタッフ動態などICTツールを利用した研究を行っている。今後、ウエラブルデバイス、モバイル環境、IoT(Internet of Things)による医療、介護、健康増進、などヘルスケアへの応用などの研究活動を広げていく予定である。
  • 病院情報システムDWHを利用した医療情報の分析と活用
概要 医療現場のICTの活用により、種々の医療データが集積されている。特に病院情報システムにおいてはDWH(Data Warehouse)に蓄積されたデータは今後、利活用が望まれている。私たちは、データマイニング、テキストマイニングなどの手法を用いて、インシデントレポート研究、看護必要度の研究、手術業務の効率運用などの研究を行ってきている。今後も新たなデータベース活用により研究分野を広げて行く予定である。

臨床への取り組み

医療安全管理学は病院医療の品質管理を研究テーマとする講座として、病院の医療安全管理部および情報システム課・医療情報部の病院職員と共に、臨床の質改善に取り組んでいます。

スタッフ

教授 仲谷 達也
病院教授 朴 勤植
准教授 山口 悦子(中上 悦子)

講座一覧

あべの医っちゃんねる