• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

実験動物学
- Laboratory Animals

基本情報

学域名 分子生体医学講座 実験動物学
(英語表記)Laboratory Animals
代表者 顔写真
特任教授

原田 正史
- Masashi Harada
場所 動物実験施設 本館2階
連絡先 TEL:06-6645-2672
MAIL:haradam@med.osaka-cu.ac.jp
ホームページ
概要  実験動物学研究室は、昭和50年(1975年) に動物実験施設が作られた時に併設され、教員が配置された。医学研究のためには、動物実験は必要不可欠な手段です。実験動物研究室の大きな仕事は、動物実験施設の運営、実験動物学に関する教育および研究です。実験動物を用いた、医学研究の進歩は目覚ましく、基礎医学研究の分野だけでなく、臨床医学の研究にも必要不可欠なものです。一方、動物実験をとりまく環境は年々厳しくなっています。動物実験の廃止を求める市民団体の動きは強くなる一方で、5年ごとに見直される『動物愛護及び管理に関する法律』についても、動物実験におけるRussell & Burch の3R (Replacement 代替法の利用、Reduction 使用動物数の削減およびRefinement苦痛の軽減) の原則および外部機関による検証や検証結果をHPで公表する、ということが盛り込まれました。動物実験施設の維持管理において、実験動物の健康維持(SPF)、遺伝子組換え動物の取り扱いの法律遵守、実験動物の倫理的取扱いを最重要事項としています。また、研究者がより良い状態で、優れた研究ができるようにするのが施設の務めと考えています。

教育方針

学部教育

  • 医学部3年生の修業実習において、動物実験に関係する学生に、実験動物学全般について講義をしている

臨床教育(研修医の育成)

  • なし

研究指導

  • なし

研究について

概要

  • 当研究室では野生哺乳動物の遺伝子資源取集とその解析を行っています。系統分類学、細胞遺伝学、分子遺伝学等の解析を行っております。
    また、収集した野生動物由来の培養細胞は液体窒素において保管し、遺伝子研究などに使用する研究者のために、分与する体制を整えています。

教室を代表する業績

  • 最近発表した論文を以下に掲載します。

野生哺乳類の遺伝学的研究

  • 1) A new species of the genus Murina (Chiroptera: Vespertilionidae) from the central highlands of Vietnam with a review of the subfamily Murininae in Vietnam. Acta Chiropterologica 17(2): 201-232. 2015
  • 2) A cryptic species of the Tylonycteris pachypus complex (Chiroptera: vespertilionidae) and its population genetic structure in southern china and nearby regions. Int. J. Biol. Sci. 10(2): 200-211.2014
  • 3) A mitochondrial phylogeny and biogeographical scenario for Asiatic water shrews of the genus Chimarrogale: Implications for taxonomy and low-altitude migration routes. Plos one. 8: 1-15. 2013
  • 4) Spatial and Temporal aspects of occurrence of Mogera species in the Japanese islands inferred from mitochondrial and nuclear gene sequences. Zoological Science 30: 267-281. 2013
  • 5) Morphometric variation in the pusillus group of the genus Rhinolophus (Mammalia: Chiroptera: Rhinolophidae) in East Asia. Zoological Science 29: 396-402.2012
  • 6) Molecular and physicochemical characterization of hemoglobin from the high-altitute Taiwanse brown-toothed shrew (Episoriculus fumidus). J. Comp Physiol B 2012; 182; 821-829. 2012

スタッフ

兼任教授(施設長) 森田 隆
特任教授 原田 正史
兼任准教授 綾田 稔

参考写真

講座一覧

あべの医っちゃんねる