• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

肝胆膵外科学
- Department of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery

基本情報

学域名 臓器器官病態外科学講座 肝胆膵外科学
(英語表記)Department of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery
代表者 顔写真
病院教授

久保 正二
- Shoji Kubo
場所 学舎 9階
連絡先 TEL:06-6645-3841
MAIL:m7696493@msic.med.osaka-cu.ac.jp
ホームページ http://osaka-cu-surg2.jp/ link
概要  現在、肝胆膵外科学講座には、附属病院における肝胆膵外科および小児外科のスタッフが所属しています。
 肝胆膵外科の歴史は旧第2外科であった昭和44年に始まり、平成12年、大阪市立大学大学院の改組により大学院としての肝胆膵外科学が発足、同時に大阪市立大学医学部附属病院肝胆膵外科として教育、研究および臨床に取り組んでいます。一方、小児外科は昭和32年の鎖肛手術以来、近畿の小児外科の草分けとして発足し、附属病院小児外科として教育、研究および臨床に取り組んでいます。
 肝胆膵外科学講座では肝胆膵領域の解剖と生理機能の理解の上で、肝臓、胆嚢、膵臓領域における悪性腫瘍(肝細胞癌、胆管癌、胆嚢癌、乳頭部癌、膵癌)や良性疾患(胆石症、膵・胆管合流異常)の病因、病態の解明とそれに基づいた適切な外科治療や集学的治療について研究と臨床を進めてきました。小児外科領域では、小児外科疾患全般、特に小児胆道外科疾患(先天性胆道拡張症、膵・胆管合流異常、先天性胆道閉鎖症)に関する研究を継続しています。また、末期肝疾患や先天性胆道閉鎖症に対しては生体肝移植を導入し、その病態と成績向上策についての研究を行っています。
 各種肝胆膵疾患や小児外科疾患の病因、病態の解明には学内の各講座とも連携し、基礎的研究を含めた幅広い視野から取り組んでいます。さらに肝胆膵領域の悪性腫瘍の外科治療成績向上を目指して、内科的治療や放射線科的治療を組み合わせた集学的治療を開発し、国内外をリードしてきました。特に、原発性肝癌に対しては、原発性肝癌取扱い規約や肝癌診療ガイドラインの策定に関わり、本邦における肝癌治療の中心的役割を担っています。一方、小児外科では、膵・胆管合流異常診断基準および診療ガイドライン、先天性胆道拡張症診断基準、鼠径部ヘルニア診療ガイドラインの策定に関わっています。
 さらに、手術部位感染などの外科感染症を含めた周術期管理の改良、開発など、外科的治療の安全管理対策にも取り組んでいます。手術手技に関しては、従来より経皮経肝門脈枝塞栓術の開発し、また、当初より高度先進医療として腹腔鏡下肝切除術を開始し、その適応決定法と安定した手術手技を確立してきました。
 これらを基にして学部学生、大学院生の教育にあたっています。
 近年、特筆すべきことは、印刷事業場でみられた塩素系有機溶剤による胆管癌多発事例に対して、「職業性胆管癌臨床・解析センター」を創設し、全国の職業性胆管癌症例の情報を収集、解析し、その要因や病態、さらに正確な診断法や適切な治療法の開発に携わっています。これらの研究成果は、厚生労働省のみならずWHOの施策にも貢献しています。
 以上のような研究成果などの情報は、学会・研究会や医学論文として世界的に発信しています。

教育方針

学部教育

  • 肝胆膵外科学講座は臓器別講義においては「肝胆膵腹膜」のうち、肝胆膵の外科解剖、生理機能、外科的疾患および外科治療を担当しています。また、「感染症」のうち、「外科感染症」について担当しています。これらの講義では、エビデンスに基づきながらも、実際の臨床例を含めた系統的で、理解しやすい講義を目指しています。小児外科学は臓器別講義「小児科」で小児外科疾患を担当しています。小児・新生児外科、小児悪性固形腫瘍に関する講義を最新のエビデンスに基づき講義しています。
  • BSLにおいては、実際に患者を担当し、当該疾患のみならず全身状態や病態の把握、検査成績や画像診断の理解と、それに基づいた具体的の治療計画の策定し、実際の手術に立ち会うとともに術後管理にも携わる一貫した臨床教育を行っています。その際には倫理面についても指導しています。小児外科でのBSLでは日常よく遭遇する小児外科疾患とともに小児外科学会認定施設ならではの重要小児外科疾患症例も経験していただいています。
  • 臨床カンファレンスにおいては肝胆膵外科領域や小児外科領域のみならず外科学全体を理解できるように他領域のスタッフと協力して行っています。

臨床教育(研修医・専攻医・専門医・指導医の育成)

  • 肝胆膵外科学講座では、外科系各臨床科および関連病院と連携し、外科全般の臨床研修を行っています。当講座には、日本外科学会、日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本肝臓学会、日本胆道学会、日本消化器病学会、日本移植学会などの認定医、専門医、指導医や高度技能指導医が在籍し、肝胆膵疾患の基本から高難度手術までの習得を目標としています。また、臨床研究の学会発表や論文作成の指導も行っています。これら総合的な研修から、日本外科学会、日本消化器外科学会などの専門医、日本肝胆膵外科学会の高度技能専門医、日本内視鏡外科学会の技術認定医の取得が可能となります。
  • 一方、小児外科領域においては、小児外科指導医の指導による外科学会専門医取得のための小児外科症例の指導から小児外科学会専門医・指導医取得のための研修が可能です。また、臨床研究の学会発表や論文作成の指導も行っています。

研究指導

  • 肝胆膵外科領域、小児外科領域および基本的な外科学総論の研究に取り組んでいます。内容は基礎的研究から先進的な臨床的研究にまで及びますが、症例報告から原著論文まで、常に外科臨床への応用を視野においた臨床を重視した研究を行っています。
  • 大学院生や医学博士取得を目指す研究医には、学位論文の作成について、詳細な指導を行っています。さらに、すべての外科医の日本外科学会専門医や日本消化器外科学会専門医など各種学会の専門医の取得のための研究面での条件取得を目指しています。
  • 種々の研究においては外科の各科の連携のみならず、近隣の研究機関との共同研究や全国的な臨床試験にも積極的に参加しています。一方、国内医療機関への留学や海外留学も実施しています。

研究について

概要

  • 肝胆膵外科学講座では、臨床における疑問点や不明点の解決を目的とした研究を基本としています。すなわち、基礎系あるいは臨床系の研究においても、常に外科臨床での活用や応用につながることを念頭においています。その中で、肝胆膵外科領域では、肝細胞癌や肝内胆管癌などの癌病態や肝線維化などの疾患病態の研究に関しては、当講座で営々と引き継がれてきた研究成果を基礎として、種々の領域に応用、展開してきました。
  • 一方、小児外科領域においては、胆道閉鎖症の病因論に関して、母児間マイクロキメリズムの関与について研究を進めています。臨床研究も小児腹腔鏡手術の応用や先天性胆道拡張症の治療論に基づいた分類を手掛けています。
  • これらの成果を世界的に発信し、評価を確認しつつさらなる進歩を目指しています。

教室を代表する業績

肝切除

  • 経皮経肝門脈枝塞栓術や腹腔鏡下肝切除の導入と確立。

肝細胞癌

  • 多中心性発癌と発癌リスクの評価、抗ウィルス療法との併用療法、基礎疾患に基づいた治療法、新たな発癌要因の検討。

肝内胆管癌

  • 肝内結石症やC型肝炎などの発癌リスクの検討、ステージ分類の改訂、リンパ節郭清の意義などの治療方針の確立。

肝胆道良性疾患

  • 膵・胆管合流異常での胆管癌発癌と治療法確立、肝内結石症の治療方針確立。

肝線維化

  • 肝線維化のメカニズム解明と防止策の開発。

肝移植

  • 肝移植レシピエントの妊娠・出産のガイドライン策定。

胆管癌

  • 印刷労働者に多発した塩素系有機溶剤による胆管癌症例の臨床病理学的検討、疫学的検討、発癌メカニズムの解明。

外科感染症

  • 肝胆膵外科領域での周術期感染対策の樹立、予防抗菌薬ガイドライン作成。

小児外科

  • 小児胆道疾患(先天性胆道拡張症、膵・胆管合流異常、先天性胆道閉鎖症)に関する診断基準や診療ガイドライン作成。

社会的貢献

  • これらの結果、原発性肝癌取扱い規約、肝癌診療ガイドライン、予防抗菌薬ガイドライン、膵・胆管合流異常診療診断基準およびガイドライン、先天性胆道拡張症診断基準や鼠径部ヘルニア診療ガイドラインの策定、厚生労働省での職業性胆管癌の認定と健康管理手帳の交付、WHOにおける1,2-ジクロロプロパンやジクロロメタンの発癌リスク改訂などが行われ、社会的にも貢献しました。

主な研究内容

現在の主な研究テーマ

  • 肝細胞癌に対する集学的治療法の確立
概要 肝細胞癌の基礎疾患による臨床像や発癌リスクの評価、基礎疾患に応じた手術術式の選択や抗ウィルス療法併用による再発予防策、術前門脈枝塞栓術を併用した拡大肝切除術、ソラフェニブなどの化学療法を併用した治療、ラジオ波熱凝固療法の応用と外科治療との比較、系統的肝切除の意義、進行肝細胞癌に対する集学的治療などについて研究を進めてきました。
これらの結果、原発性肝癌取扱い規約や肝癌診療ガイドラインの策定作業に、以前より参画しています。
  • 腹腔鏡下肝切除術の安全性の確立
概要 当科では腹腔鏡下肝切除を2004年度に高度先進医療の認定を受けてから開始し、症例数の増加とともにその適応を拡大してきたが、現在、安全性の証明は社会的使命になってきています。当科では、手技の定型化を2012年度より行い、2015年度には200例を越えたが、術後在院死は現在までありません。その結果を踏まえ、安全性に関する研究を行ってきました。保険適応外の術式における安全性に関しては、臨床試験として検討しています。さらに従来の開腹下肝切除ではリスクが高い肝線維化が高度な(肝硬変)症例での安全な術式と周術期管理の開発を行っています。
  • 臨床検体を用いた外科病態生理を基盤とする新規診断法および治療法の開発
概要 肝癌患者の多くは肝硬変などの慢性肝疾患をしばしば合併しています。この肝硬変の進行が生命予後に影響するが、肝硬変の進行抑制および治療法は確立されていません。当講座では動物実験を通して新規の肝硬変の進行抑制および治療法を確立しており、臨床応用すべく研究を進めています。また、胆道癌・膵癌は悪性度の高い癌腫であるため早期発見、外科治療が重要です。当講座では外科手術を通して採取した臓器組織や胆汁、血液などを用いて新規バイオマーカー(miRNA、糖鎖マーカーなど)の確立を目指しています。
  • 先天性胆道閉鎖症に病因解明と治療成績の向上
概要 先天性胆道閉鎖症の病因としての母児間マイクロキメリズムの関与を解明し、これに基づいた術後管理の方法を検討しています。また、葛西手術による術後予後の向上と問題点、生体肝移植の適応について研究を進めています。
  • 塩素系有機溶剤による職業性胆管癌の病態解明と診断・治療法の確立
概要 印刷労働者に多発した職業性胆管癌症例の臨床病理学的所見や治療成績の解析から、胆管癌患者が高濃度、長期間暴露を受けた1,2-ジクロロプロパンやジクロロメタンが要因となった可能性が高く、それによって惹起された胆管上皮のDNA障害から前癌病変、早期病変が誘導され、さらに進行癌に進展することが判明しました。また、その臨床像から職業性胆管癌のスクリーニング法や診断法を開発しました。これらの結果は、厚生労働省での職業性胆管癌の認定と健康管理手帳の交付、WHOにおける1,2-ジクロロプロパンやジクロロメタンの発癌リスク改訂につながりました。

臨床への取り組み

 肝胆膵疾患の外科治療は、侵襲が大きく、術後経過に及ぼす影響が課題となることがあります。そこで、安全策向上として経皮経肝門脈枝塞栓術や合理的な手術術式の開発、腹腔鏡下手術の導入、改良を行ってきた。現在では、肝切除の約半数を腹腔鏡(補助)下に行っています。また、膵臓疾患に対しても腹腔鏡(補助)下膵切除術にも取り組んでいます。一方、小児外科領域においては、小児外科疾患全般に加えて、特に小児胆道外科疾患や鼠径ヘルニア鏡視下手術(経臍的LPEC)の開発と標準化に取り組んできました。
 これらは臨床各科との共同研究の結果に基づいて、積極的に臨床応用しています。さらにそれらの研究や臨床研究の結果、各種診断基準や診療ガイドラインを策定し、本邦におけるこの領域をリードしています。

( → 病院の診療科 肝胆膵外科 http://www.med.osaka-cu.ac.jp/surgery2/surgery/01/index01.html link )
( → 病院の診療科 小児外科 http://www.med.osaka-cu.ac.jp/surgery2/surgery/04/index01.html link )

スタッフ

病院教授 久保正二
講師 諸冨嘉樹、竹村茂一、田中肖吾

参考写真

講座一覧

あべの医っちゃんねる