• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

HOME > 概要 > ご挨拶
ヘッダー
 大阪市立大学医学部は、1944年(昭和19年)に設立された大阪市立医学専門学校が前身となって設立された大阪市立医科大学が、1955年(昭和30年)に大阪市立大学に編入されて誕生しました。医学部は、杉本キャンパスと連携しながら、阿倍野キャンパスで学舎および附属病院の整備・拡充を進め、2004年(平成16年)看護学科を編入し、今日の大阪市立大学大学院医学研究科・医学部に至っています。

ヘッダー

 大阪市立大学大学院医学研究科・医学部の基本理念は智仁勇です。 智仁勇は論語で三徳と言われ、「智の人は惑わず、仁の人は憂えず、勇の人は恐れない」の説話で紹介されています。 何が正しいかを識り、相手の立場になって考えられる慈愛の心を持てば、惑わされることなく、憂えることなく、勇気をもって信念を貫くことができます。
 この三徳を根本理念として医学教育を推し進め、医学、医療、社会へ貢献します。

人材育成と教育研究の目的:

生命科学者や医師としてのみならず見識ある教養人を育成します。
学士課程
  • 人を分け隔てなく、温かく受け入れる心を持つ医師を育成します。
  • 最新の基礎医学と臨床医学をバランスよく修得し、実践する能力を持つ医師を育成します。
  • 科学的思考に基づいた判断力・問題解決能力を備えた医師を育成します。
  • 国際的視野を持ち、人類に貢献する高い志を持つ医師を育成します。
  • 市民の保健医療ニーズに応えうる医師を育成します。
大学院修士課程
  • 高度な最先端の医学知識や技術を修得する医師以外の医療職者、研究者、企業人を育成します。
大学院博士課程
  • 先端研究を先導的に推進し、独創性に富み、世界的に活躍する医学研究者を育成します。
  • 大学、研究機関における基礎的あるいは臨床的研究をリードする指導者を育成します。

所信:
  • 医学は多様化しその内容は益々膨らんでいる。座学だけでは学びきることはできず、医学生には自ら学び自ら考え自ら育つ能力を身につけることが望まれる。教員は彼らのこの能力を磨きあげ、これを評価するシステムを充実させることにより、最先端医学の創造と医療の諸問題を自ら解決できる能動的人材、未来を切り開くことのできる人材を育成することができる。
  • 医学の裾野は広く、生命科学、健康科学、医療、福祉、介護、スポーツ、健康産業、医療施策等に至る。本医学研究科・医学部の知識を社会に貫流できるよう、積極的に産官学連携を推し進め、医学と医療に関わる個人、団体、政府間の融合に積極的に関わり、大阪、日本、世界の医療の発展に貢献する。
  • 国内の医学部は国際認証に向けて教育改革が推し進められている。この改革にとどまらず、未来志向・全地球型の教育制度を創造し、アカデミアとして医学教育をリードする。日本の外科手術成績は世界のトップクラスであり、その役割を担ってきた日本式の医学教育を検証し、日本発の教育制度を打ち立て海外に発信することも役割である。このような活動が真の国際交流につながる。国際交流は欧米の制度の模倣ではない。
  • 平成27年度における本医学部の留学生の受入数は60名、派遣数は37名、協定校は26校である。国内でもトップクラスの医学生の国際交流をさらに推し進め、次のステップとしては大学院生の国際交流の向上を目指してjoint degree制度の導入を検討する。
  • 先制医療、癌治療、認知症治療、感染症治療、再生医療など社会のニーズを見極め、効率よく成果を生み出す体制の下で医学教育、研究、臨床医学に取り組む。

 最後に、先輩、同僚、後輩、学生、教師、患者さん、ご家族、そして仲間を尊敬し、自らは謙虚であり続ける倫理観あふれる人間性を持ち合わせた「礼」有る全人格的医療者の育成に全力を尽くす。
以上