• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

医療手技の大会で、本学医学部生が「医療面接と基本手技」の部門で1位、総合成績で3位に入賞しました

 平成28年7月31日(日)に大阪医科大学で医学生が集う医療手技のオリンピックことシムリンピックおおさか2016(主催:日本医学教育学会)が開催されました。
医学生シムリンピックとは全国の医学部から医学生3名1チームでエントリーし、実際の医療現場を想定した8つの部門(①腹部診療 ②救急患者対応 ③医療面接と基本手技 ④循環器診療 ⑤救急蘇生 ⑥呼吸器診療 ⑦医療面接と鑑別診断 ⑧腎・泌尿器診療)で臨床実習の成果を競います。
今年は16チームがエントリーし、本学からはいずれも医学科5年生の河合昴治さん、山本亜弥佳さん、外川啓介さんの3名が参加し、「医療面接と基本手技」の部門で1位、総合成績で3位に入りました。

 3名は臨床手技サークルやAEDの使い方を教えるライフサポートクラブに所属しており、日頃から研鑽を積んできました。臨床手技サークルの顧問である本学の総合診療センター/総合医学教育学の小林正宜医師は常に「患者さまに寄り添う医師を目指そう」と指導していたので、医療面接部門での1位獲得はとても意義深いものとなりました。また、チームワークを活かし、助け合いながら総合成績で3位を獲得できたことは、将来チーム医療を担う彼らにとってかけがえのない経験と学習になりました。
入賞した3名は「この経験を通して得た知識や手技を後輩たちにしっかり伝えつつ、チーム医療の大切さを教えていきたい。」と後輩たちの教育にも力を入れてくれています。

 大阪市立大学は2014年の第1回から連続出場しておりますので、今後も出場できるように取組んでいきたいと思います。