• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

HOME > あべの医っちゃんねる > 講演会・セミナー・学会 > 公開講座「-健康と予防医療-」を開催しました

講演会・セミナー・学会

公開講座「-健康と予防医療-」を開催しました

平成25年6月1日(土)、「-健康と予防医療-」をテーマに公開講座を大阪市立大学医学部学舎4Fで開催しました。
公開講座は、予防医療の重要性をテーマに健診・人間ドッグ等の重要性や、本学にて来春開設予定の先端予防医療センター(仮称)の概要についての内容でした。
特別講演としては日本人間ドック学会理事を務められている東京慈恵会医科大学総合健診・予防センター教授和田高士先生に健康習慣に関してお話し頂きました。
約250名の市民の方々や医療関係者の方が聴講され、会場は満席の大盛況でした。  
開催概要
平成25年6月1日土曜日 14:00~17:00
日時
大阪市立大学医学部 4階 大講義室
場所
PDF
案内用ポスター

プログラム

【1】歓迎のあいさつ 大阪市立大学 理事長兼学長 西澤 良記
【2】『先端予防医療センター(仮称)開設について』  大阪市立大学医学研究科 肝胆膵病態内科学  教授 河田 則文
【講演要旨】
○健診施設の概要に関しての紹介
【3】基調講演1
『生活習慣病予防のために…』
大阪市立大学医学研究科 代謝内分泌病態内科学  准教授 繪本 正憲
【講演要旨】
○メタボリックシンドロームの診断基準 ◯内臓脂肪蓄積と生活習慣病疾患の関連 ◯糖尿病患者推移と血糖値 ◯血糖値の表記統一 ◯生活習慣病・メタボリックシンドロームは忍び寄る静かな殺人者サイレントキラー?!
【4】基調講演2
『婦人科健診の重要性-子宮がんは怖くない-』 
大阪市立大学医学研究科 女性病態医学 教授 角 俊幸
【講演要旨】
○健診と検診の違い ◯婦人科健診 ◯HPV感染のリスクと子宮頸がんワクチン◯細胞診とHPV検査の重要性
【5】特別講演
『健康習慣 一無・二少・三多』
東京慈恵会医科大学 総合健診・予防医学センター  教授 和田 高士
【講演要旨】
○大阪住民の健康状態 ◯私の人間ドックの理念 ◯新たな検査評価・新たな予知診断 ◯生活習慣病 ◯健康習慣「一無・二少・三多」
【6】閉会のあいさつ 大阪市立大学医学部附属病院 病院長 石河 修
※なお、当日は時間の都合上、質疑応答の時間はございませんでした。
アンケートに多くの質問をいただき、ありがとうございます。
ご質問の回答はこちら

講演会の様子